鍛えるより先に柔軟性を作ろう。

鍛えないといけないという意識から、十分な柔軟性を高めることなく運動する方が多くいます。

また仕事で硬くなった身体、精神をリセットすることなく毎日を過ごす方もきっと多いと思います。

鍛えることや、熱心に仕事に取り掛かる前にみなさんの身体はその負担に耐えられる柔軟性やバランスはとれているでしょうか。

柔軟性が少ないと身体にかかる負担は大きくなり、姿勢は悪化して、それと共に痛みを伴う怪我や、時に手術を要する大きな事態になることもあります。

ストレッチは筋肉のバランスを整え、身体の状態を整えます。ストレッチを欠けば柔軟性は低下して、ちょっとした負荷や、衝撃に対応することができなくなります。

結果として身体の不調のみならず仕事や精神状態にも支障をきたしてしまいます。

日ごろストレッチを行い柔軟性を高め身体と精神のバランスを保つことは。より良い人生を送るために必須です。

筋肉は伸び縮みすることでパワーを生み出します。10の力があっても柔軟性が1であれば10のパワー、5の力でも10の柔軟性があれば50の力を生み出します。見かけだけのパワーに騙されず柔軟性を高めることはとても大切です。

急がば回れではないですが、トレーニングの成果を出したければまず柔軟性を高めましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください